安藤の掃溜め

どこに投稿するかわからないものを投稿するために開設。飽きたら放置。

ミュージシャンはなぜパツパツパンツを履くのか

ミュージシャンはなぜパツパツのズボンを履くのか。これは果てし無くバカみたいな話であり、しかし1度気になると果てし無く気になる話なのである。パツパツズボンーー語呂が悪いため、以降はパツパツパンツとするーーが音楽界において一世を風靡したのは、19…

War Pigs 分析と解説

はじめに 『War Pigs』は1970年、ブラックサバスの2ndアルバム『Paranoid』の冒頭に収録された1曲である。当初は題を『Walpurgis(魔女)』として、アルバムのタイトルナンバーとする予定であったが、あまりに過激(?)ということで発売直前に待ったがかかり、…

クイーン+アダム・ランバート ライブのススメ

クイーンが来る。アダム・ランバートと一緒に来る。昭和に生まれたバンドが、平成に社会現象を巻き起こし、令和に来日する。令和元日(?)からチケットの販売が始まり、令和になってから初めてのお正月が明けたら、間も無くミュージシャンやスタッフたちが…

たまについての話 第三夜 たまの音楽性

※大1の頃に書いたレポート、まとめのとこ。 『たま』は1990年のメジャーデビューから程なくしてヒットチャートから姿を消し、自主レーベル地球レコードを立ち上げ、インディーズでの活動を中心に行なうようになった。何故『たま』の人気が長く大衆的に続かな…

たまについての話 第ニ夜 たまの音楽性

大学1年のときに書いたたまについての話。今日は音楽と歌詞について。 初めて『たま』の楽曲を聞いた時、多くの者はそこに懐かしさを見出すという。私はその『懐かしさ』にこそ『たま』の持つ抵抗の精神の本質があると考えるため、まずはその懐かしさの由来…

たまについての話 第一夜 たまの歴史

※大学一年生のときに書いたレポートのりかばりぃです。 『三宅裕司のいかすバンド天国(以下イカ天)』の放送が開始された1989年は、正月気分も冷めやらぬ内の昭和天皇の崩御、続く平成への改号で、世の中の全体に変化への戸惑いがある年だった。徐々に崩壊を…

ブラックサバスの話がしたい

私は今、猛烈にブラックサバスの話がしたい。 そんなもん毎日Twitterでしているだろうと言われれば反論のしようがない。現に私は世界で1番トニー・アイオミについてツイートしており、20分毎に「アイオミ」と検索しては出てきたツイートに『いいね』している…

トニー・アイオミのプロフィール&クイーンとの関係は?まとめてみました!

映画『ボヘミアン・ラプソディ』がヒットしていますね!皆さんはもう、ご覧になりましたか?わたしは8回見ました! 2019年に、老若男女がクイーンで盛り上がるなんて、すばらしいことですね。 さて今日は、映画『ボヘミアン・ラプソディ』のヒットで、なぜか…